抗がん剤の副作用を知って癌治療を乗り切ろう

バナー

抗がん剤の副作用を知って癌治療を乗り切ろう

癌治療での標準療法は、手術療法、放射線療法、そして、抗がん剤を用いた化学療法です。
このうち、化学療法は、手術や放射線療法ができない場合(体調が悪かったり、癌が進行していた場合)の治療法として主に使われます。


また、手術や放射線療法を行った後の再発予防にも用いられます。

これは手術や放射線療法で取り除けなかった癌細胞が残っていたり、画像診断では見つからない小さな転移がある可能性があるからです。

抗がん剤にはいろいろな種類がありますが、多くの薬剤は細胞内に入って、細胞が分裂するのを抑えて癌細胞を死滅させます。

今、話題の肺がん 原因を理解するために必要な基礎知識をわかりやすく紹介します。

細胞分裂は正常な細胞も行っていますが、癌細胞は正常細胞よりも分裂が活発なので、より多くの抗がん剤が癌細胞内に取り込まれ、正常な細胞への影響は軽いです。しかし、癌細胞並みに活発に分裂している正常細胞はダメージを受けます。

肺がん 闘病サイトが一番おすすめです。

たとえば、髪の毛を作る毛母細胞や胃腸の細胞です。毛母細胞がダメージを受けることで脱毛が発生し、胃腸の細胞がダメージを受けることで吐き気や嘔吐が起きます。
また、白血球や赤血球のもとになる細胞がダメージを受けると感染症や貧血が起こります。



このような副作用は抗がん剤を使う限り避けられないものです。


副作用のうち、吐き気に対しては、ナゼアのような吐き気止めの薬で症状を和らげることができます。脱毛に対しては効果的な予防法はありませんが、頭皮を清潔にして刺激を減らすことで脱毛を遅らせることはできます。

これらの副作用は癌治療が終わると、元に戻ってきます。
副作用はつらいものですが、必ず治るという希望を持って癌治療に取り組んではどうかと思います。